接続(SSH/VNC)


SSH接続

sshコマンドを起動します。

$ usacloud server ssh [サーバ名 or サーバID]
  • サーバのIPアドレスはさくらのクラウドAPI経由で取得した値を利用
  • 各パブリックアーカイブごとのデフォルトの管理ユーザ名を利用(パブリックアーカイブ利用時のみ)
    • Ubuntu: ubuntu
    • VyOS: vyos
    • CoreOS: core
    • RancherOS: rancher
    • 以外の場合: root
  • 秘密鍵~/.ssh/sacloud_pkey_[サーバID]が存在する場合は利用

これらの値はオプション指定で変更可能です。

Note: sshコマンドにPATHが通っている必要があります。


SSH接続(コマンド実行)

対象のサーバにSSH接続し、指定のコマンドを実行します。

$ usacloud server ssh-exec [サーバ名 or サーバID] サーバ上で実行するコマンド [コマンド引数]

指定可能なオプションはserver sshと同様です。

Note: sshコマンドがインストールされていなくても動作可能です。

VNC接続

VNCクライアントを起動します。

$ usacloud server vnc [サーバ名 or サーバID]

さくらのクラウド側が提供しているVNCプロキシを利用してVNC接続を行うため、対象のサーバ上でVNCサーバを起動しておく必要はありません。

Note: Windowsの場合、任意のVNCクライアントをインストールし.vnc拡張子と関連付けしておく必要があります。

VNC接続のための認証情報(接続先URL/ユーザ名/パスワード)を表示したい場合はserver vnc-infoコマンドを利用してください。 Note: 認証情報はさくらのクラウドAPI呼び出しごとに変化します。

VNC接続経由でのキー入力送信

対象のサーバに対し任意のキー入力を送信します。 Packerでのイメージ構築のデバッグなどの用途を想定しています。

$ usacloud server vnc-send  -c "put-send-key-here" [サーバ名 or サーバID]

通常のキー入力に加え、以下の特殊キーを指定可能です。

  • <bs> - バックスペース
  • <del> - デリート
  • <enter> <return> - エンター(リターン)キー
  • <esc> - エスケープ
  • <tab> - タブ
  • <f1> - <f12> - ファンクションキー(F1〜F12)
  • <up> <down> <left> <right> - 矢印キー
  • <spacebar> - スペース
  • <insert> - インサート
  • <home> <end> - ホーム、エンド
  • <pageUp> <pageDown> - ページアップ、ページダウン
  • <leftAlt> <rightAlt> - 左右それぞれのオルト
  • <leftCtrl> <rightCtrl> - 左右それぞれのコントロール
  • <leftShift> <rightShift> - 左右それぞれのシフト
  • <leftAltOn> <rightAltOn> - オルトを押下している状態にする
  • <leftCtrlOn> <rightCtrlOn> - コントロールを押下している状態にする
  • <leftShiftOn> <rightShiftOn> - シフトを押下している状態にする
  • <leftAltOff> <rightAltOff> - オルトを押下解除する
  • <leftCtrlOff> <rightCtrlOff> - コントロールを押下解除する
  • <leftShiftOff> <rightShiftOff> - シフトを押下解除する
  • <wait> <wait5> <wait10> - 指定の秒数待機する
  • <waitXX> - 指定の時間待機する。待機数量 + 単位で指定する([0-9hms]形式)。例: <wait5s> <wait1m>